概要

2020 年 10 月、学部教育をすべて英語で提供する「先進国際課程」を工学部に開設しました。
先進国際課程では世界の技術革新の進展や国際化の速さ、複数の理工学分野が融合した先端分野の形成など時代の変化に対応できる人材育成を目指して、これまで卒業研究でのみ実施されてきた「研究プロジェクトを通じた能動的学習(Research Based Learning)」を、初年次から 4 年間を通して行います。入学時から指導教員(Supervisor)、異なる専門分野からなる複数のアドバイザー教員(Adviser)の指導のもと、さまざまな研究室で最先端の研究に取り組みます。


背景

学科でそれぞれの専門分野を深く学ぶ従来の手法から、技術革新に対応した分野横断型の専門教育を行いやすくするため、 国は 2018 年に大学設置基準を改正し、新たに工学系の学部に「課程制」が設けられました。 芝浦工業大学では世界の技術革新の進展や国際化の速さ、複数の理工学分野が融合した先端分野の形成など時代の変化 に対応できる人材育成を目指して、この「課程」を新たに工学部に開設します。


今後の展開

国内のインターナショナルハイスクールや先進的な国際教育を実施している高校、国外の高校の卒業生をターゲットに、世界中 から学生を受け入れます。大学院への進学を前提とし、修了後は研究機関で分野を牽引できる研究者、製造業など民間企業 の研究開発チームのリーダーとなる技術者、もしくは新たな事業を起こし社会をリードする企業家になれる人材を輩出します。

学部学科データ

学部工学部
取得できる学位学士(工学)
人数入学定員数9名
教育目標「 国際化が進む社会においてリーダーシップを発揮し、 複雑化する理工学の問題を解決できる人材 」の育成


<
育成する能力俯瞰的視野
理工学の分野において 幅広い知識と 俯瞰的視野をもって 判断できる能力
ダイバーシティ
国際社会における 多様性を理解、尊重 し、受容して、協調? 協力できる能力